株式会社西野シーリング

NEWS2018年11月09日

防水対策にシーリング工事を!

近年ではネットなどでどんなことでも調べられるようになり、住宅のちょっとした補修や修理は、やり方を調べるなどして自分で行う方も多いのではないでしょうか?

住宅の補修や修理を考えた時「防水対策」は非常に大切となります。とくに外壁や水回りによく見られる「シーリング工事」は、比較的簡単でありながら防水効果が高いと人気があります。

そこで、今回はシーリング工事に焦点をあてシーリング工事のタイミングなどについてご紹介いたします。

 

シーリング工事とは?

はじめにシーリング工事とは具体的にどのような工事のことでしょうか?

シーリングとは主に、浴室の壁と浴槽の隙間を埋めたり、外壁材の隙間を埋めるといったことを目的としたゴム状のパッキンのことです。このシーリングには複数の異なる呼び名があり、人によっては「シール」や「コーキング」などという言い方をします。

シーリング工事は主に防水を目的として行われる工事のことです。例えば、サッシと窓ガラスの隙間や外壁と外壁の間に生じた隙間など住宅のあらゆる隙間をシーリングで埋めることにより、水が浸入するのを防ぐという役割を担っている工事のことです。

 

シーリング材の種類

シーリング工事に使用されるシーリング材にはどのような種類があるのでしょうか。シーリングには様々な種類がありますが、住宅で使用されるシーリングの種類は4種類だといわれています。

(1)アクリル系

主な施工場所:モルタルのひび割れ補修・ALC外壁の目地材・壁紙や内装の目地など

他のシーリング材に比べると安価となっていますが、耐久性が低いというデメリットがあります。そのため現在では新築住宅や中古住宅のリフォームにアクリル系シーリングが用いられることはほとんどないといわれています。

(2)ウレタン系

主な施工場所:排気口・通気口の周辺・コンクリートのひび割れ・木材・金属目地・ALC・スレートなど

優れた密着性を発揮し、硬化してからは弾力性を保った状態になります。一方で紫外線に弱いというデメリットがあるため、ウレタン系のシーリング材を使用するときは上からの塗装が必要となります。

(3)シリコン系

主な施工場所:窓ガラスなどの周辺・浴室・台所・瓦屋根の補修など

他のシーリング材に比べると耐候性・耐久性・耐熱性・撥水性に優れているため、水回りに用いるコーキング剤として人気があります。一方で撥水性に優れているがゆえに、塗装前の外壁には使用することができないというデメリットもあります。

(4)変成シリコン

主な施工場所:外壁・水回りなど

比較的万能なシーリング材ですが、ウレタン系よりも気密性が劣ります。さらにシリコン系と比べると耐久性が劣ります。

防水工事での注意点について

外壁塗装の耐用年数を長くする方法について

カビがもたらす影響について

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットとは

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?②

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?

外壁塗装のDIYはやめておく方がいい!?〜後編〜

外壁塗装のDIYはやめておく方がいい!?〜前編〜

防水対策にシーリング工事を!②

こんなサインがあったら防水工事を!

なぜ雨漏りするのか

シーリング工事の流れについてご紹介!

Copyright © http://nishino-sealing.net All rights reserved.