株式会社西野シーリング

NEWS2024年06月25日

ー防水工事の種類3つと特徴を解説!場所や状況に適した工法を選ぼうー

建物の劣化を防ぐために必要不可欠な防水工事。

ひとことに防水工事といっても、さまざまな種類があり、施工場所や状態によって適した工法があります。

ここでは、防水工事の種類とそれぞれの特徴について説明します。

 

 

防水工事とは

防水工事とは、建物内に雨水などの水が侵入するのを防ぐ工事のこと。

防水工事を怠ると、建物内部に水が浸入し、構造物の腐食やカビの発生を招く恐れがあるため、非常に重要な工事の一つです。

特に、ベランダや屋上など、雨水が直接当たる部分には欠かせません。

 

 

防水工事の種類3つ 

防水工事の工法を選ぶ際には、施工場所の形状や下地の状態を考慮することが重要です。

例えば、複雑な形状の場所にはウレタン防水が適していますし、平らな屋上にはシート防水が適しています。

また、耐久性や予算も考慮して選びましょう。

 

次からは、防水工事の種類とその特徴について解説します。

 

1.アスファルト防水工事

アスファルト防水工事は、耐久性が高く、屋上やベランダなどでよく使用されます。

アスファルトを溶かしてトーチで施工する方法が一般的で、固定力が強く、防水効果が長持ちします。

工期は比較的短く、10年以上の耐久性があります。

 

2.ウレタン防水工事

ウレタン防水工事は、液体状のウレタンを塗布して硬化させる方法です。

この工法は、形状に関係なく施工でき、複雑な場所にも対応します。

工期は比較的短く、下地の状態によっては比較的、容易に施工できるでしょう。

 

3.シート防水工事

シート防水工事は、シート状の防水材を敷き詰めて固定する方法で、下地が平らであることが必要です。

シート防水は、アスファルトやウレタンに比べて工期が短いですが、耐久性は同等です。

 

 

まとめ

防水工事には、アスファルト、ウレタン、シートなどの種類があります。

それぞれに特徴があり、施工場所や下地の状態によって適した工法を選ぶことが重要です。

施工業者としっかり打ち合わせをし、適した工法で防水工事を施せば、快適で安心できる住まいとなるでしょう。


大阪府の戸建てサイディングのシール工事は株式会社 西野シーリングにお任せ下さい。


会社名:株式会社 西野シーリング

住所:〒583-0992 大阪府南河内郡太子町山田3699-5

営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜日

業務内容:戸建て、組工事のシーリング

ーベランダ防水工事の手順・準備作業から完了検査までー

ー防水工事とは?基礎知識を知って安心して暮らせる家づくりをしようー

ー防水工事は将来性がある仕事!その理由と必要な資格とスキルを紹介ー

ー防水工事に必要な資格はある?取得の重要性と内容を知ろうー

ー建物の耐久性にかかわる防水工事とは何のために行うの?ー

年始のご挨拶

年末のご挨拶

ー防水工事とは!?難易度高い技術力と知識が必要になる!ー

ー屋上やバルコニーがない!防水工事は外壁にも必要になるー

ー建物の防水工事 雨水の侵入を防ぐために必要なこととは?ー

ベランダの防水工事 安く施工できる方法について紹介!

ベランダの防水工事 異なる2つの施工と、必要になる見積もり

Copyright © https://nishino-sealing.net All rights reserved.