株式会社西野シーリング

NEWS2018年05月07日

シーリング工事とは

シーリング工事とは

シーリング工事とは、建物のガラスやサッシなどの周り、外装に使われるコンクリートのつなぎ目、外壁の仕上げなどに使用されるタイルのつなぎ目に出来る隙間から雨水、ホコリなどが建物に入ってこないように、シーリング材を充填することをシーリング工事といいます。(このつなぎ目を目地(めじ)と言います。)

シーリング材には、気密性、防水性、伸縮性の高い素材が使用されています。素材としては、合成樹脂であるポリウレタン(ウレタン樹脂、ウレタンゴムとも言われる)やシリコーンが利用されることが多いようです。また、コーキング工事という建築用語がありますが、これはシーリング工事での特定の作業で使われる言葉で、シーリング工事の一種と捉えていいでしょう。

大規模な修繕工事では、シーリング工事が含まれているのかをチェック!

マンションやビルの大規模な修繕工事において、シーリング工事は重要な工事のひとつになります。一枚板のコンクリートで建物を建築した場合、その建物には伸縮性がほとんどなくなるため、気温の温度差による膨張や収縮、地震などによる揺れに耐える事が出来ません。その結果、ひび割れがおきたり、鉄筋が飛び出したりしてしまいます。そのため、コンクリートをつなぎ合わせてマンションなどの建物は建てられます。そのつなぎ目を目地(めじ)といい、目地は外壁の他にも、屋上や窓枠の廻りなどさまざまな場所に設置されています。大規模な修繕工事では、新築時に目地に充填されたシーリング材の検査を行ってから、必要に応じてシーリング材を撤去して新しくするシーリング工事を行います。環境によって異なりますが、紫外線の影響を受け5年を過ぎたあたりから劣化が始まり、シーリング材に使用されている素材が劣化によって硬くなり、本来の性能である、気密性、防水性、伸縮性を徐々に失い、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になります。実際に雨漏りの原因として非常に多いのはシーリング材の劣化部分から雨水が侵入するケースです。また、雨漏りやひび割れは建物全体の劣化速度を一気に加速させる要因となります。
大規模な修繕工事の際は、シーリング工事が含まれているのかをしっかりとチェックしましょう。


大阪府の戸建てサイディングのシール工事は株式会社 西野シーリングにお任せ下さい。


会社名:株式会社 西野シーリング

住所:〒583-0992 大阪府南河内郡太子町山田3699-5

TEL:0721-98-4407 
FAX:0721-21-7675

営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜日

業務内容:戸建て、組工事のシーリング

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう⑦

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう⑥

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう⑤

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう④

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう③

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう②

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう

外壁の定期的な住宅リフォームってどんな事をすればいいの?

シーリングの工法!

確実な防水工事のために重要な作業

防水工事での注意点について

外壁塗装の耐用年数を長くする方法について

Copyright © http://nishino-sealing.net All rights reserved.