株式会社西野シーリング

NEWS2019年07月19日

カビがもたらす影響について

外壁や屋根が劣化すると、建物の内側に雨水などが入ってしまいます。

雨水が建物に染み込んでしまうと内部の湿度は上昇してしまい、カビが繁殖する環境を作ってしまいます。

その結果、建物の内側でカビが繁殖してしまい、住む人や働く人の健康に悪影響を与えてしまいます。

 

具体的な人体に与える影響とは、アレルギー感染症です。

発生したカビの種類によってはアレルギー感染症を引き起こしていまい、咳やくしゃみといった症状から最悪の場合は命の危険に影響する症状まで現われることがあります。

特に注意をしておきたいのは、弱っている体の人々です。

病気で弱っている体の方はもちろん、体力が衰えた高齢者、まだまだ未熟な赤ちゃんや小さな子どもには特に注意が必要で、健康な人なら気にならないアレルギー症状でも、命の危険に晒されることもあります。

 

命の危険が高まるほどでなくてもアレルギーは症状が長く続き、将来の健康にも影響する可能性もあります。

大切な家族や従業員の健康を守るためにも、人間にとって快適な環境を整えなければいけません。

 

外壁塗装や屋根塗装をすれば、細かな亀裂やひび割れは修復することが可能です。

建物の内側に雨水が染み込む原因となる亀裂やひび割れを綺麗にすれば、カビにとって最高な湿度の高い環境にもなりません。

湿度が下がりカビの繁殖を抑えることができますので、住む人や働く人にアレルギー感染症が起こる危険性も下げられますし、弱った体の人も命の危険に晒されることはありません。

安心して生活をしたり、働いたりすることができるはずです。

 

外壁塗装や屋根塗装は美観を良くするためだけでなく、住む人や働く人の健康を守るためにも、定期的に行うようにしましょう。

防水工事での注意点について

外壁塗装の耐用年数を長くする方法について

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットとは

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?②

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?

外壁塗装のDIYはやめておく方がいい!?〜後編〜

外壁塗装のDIYはやめておく方がいい!?〜前編〜

防水対策にシーリング工事を!②

防水対策にシーリング工事を!

こんなサインがあったら防水工事を!

なぜ雨漏りするのか

シーリング工事の流れについてご紹介!

Copyright © http://nishino-sealing.net All rights reserved.