株式会社西野シーリング

NEWS2019年08月16日

外壁塗装の耐用年数を長くする方法について

外壁塗装の耐用年数を長くするにはいくつかの方法があります。(この場合における耐用年数とは、外壁を保護してくれる期間や次の塗り替えのタイミングを指します。)

こうした年数を上げるには耐久性のある塗料を使うというのもひとつの手ですが、他にも色々な要素においてこうした耐用年数は決まっていくこととなります。

 

まずは外壁が晒される環境です。

例えば、海の近くや山間部、雪の多い地域、天候の変わりやすい地域などは耐え忍ぶことになる機会がどうしても多くなります。

こういった要素が多ければ多いほど想定よりも短い耐用年数になってしまうため、注意が必要となります。

また、外壁塗装を行う業者の力量というのも問われます。

適切な下処理をしないで外壁塗装を行うと寿命はかなり短いものとなってしまいます。

業者の中には何とかして安く仕上げようとして塗料を薄く塗る、何回か塗らないといけないのに塗る回数を減らすといったことをするところもあるため、通常の環境にもかかわらず耐用年数が短くなるということにもなりかねませんので、外壁塗装の業者選びも大変重要となります。

 

また、建物の構造と塗料の相性も大きく絡んできます。

例えば、木でできているところにはそれに見合った塗料を使う必要がありますし、コンクリートやモルタルなどそれによって塗料も変えなければなりません。

それらがマッチすれば想定した耐用年数ということになりますが、マッチしていないと思ったよりも短いものとなってしまいます。

そして、普段からのメンテナンスをしておくことも大事で、汚れを落とす、異常がないかチェックする、定期的に業者に診てもらうということが必要になります。

 

気を付けておきたいのは外壁塗装にお金をかけたから何十年も持つのではないかと思うことです。

そのようなことはなく、むしろお金をかけたから安心できるというものでもありません。

あくまで塗料と外壁の相性、そして住環境などが大きく左右することを知っておくことが大切です。

防水工事での注意点について

カビがもたらす影響について

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットとは

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?②

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?

外壁塗装のDIYはやめておく方がいい!?〜後編〜

外壁塗装のDIYはやめておく方がいい!?〜前編〜

防水対策にシーリング工事を!②

防水対策にシーリング工事を!

こんなサインがあったら防水工事を!

なぜ雨漏りするのか

シーリング工事の流れについてご紹介!

Copyright © http://nishino-sealing.net All rights reserved.