株式会社西野シーリング

NEWS2019年11月15日

シーリングの工法!

シーリング工事は、なくてはならない工事ですが、あなたのお家がサイディングの場合、注意してほしいことがあります。

 

シーリングの工法は、

・打ち替え

・打ち増し

この2種類に分けられています。

適正な工法でシーリングをしてもらわなければ、またすぐに工事をする必要が出てきてしまいます。

 

・シーリングの打ち替え

シーリングの打ち替え工事は、「打替」「入れ替え」とも書かれることがあり、シーリング材を入れ替える工事のことを指します。

現在の外壁に打ち込まれているシーリング材を一度すべて取り除き、新しいシーリング材を打つことで、補うのではなく丸ごと交換されるため、シーリング材の寿命がリセットされて長持ちします。

しかし、シーリング材を取り除くにも手間が掛かるので、もう一つの「打ち増し」という工法よりも工事費用は高くなります。

 

・シーリングの打ち増し

シーリングの打ち増し工事は、「打増」「増し打ち」とも呼ばれ、シーリング材を補充する工事のことを指します。

外壁に打ち込まれているシーリング材を取り除かずに、上から新しいシーリング材を被せて打ち込むので、古いシーリング材の撤去費用が掛からず、打ち替え工法よりも安く済ませることが可能です。

しかし、表面は新しいシーリング材になっても奥は古いシーリング材のままなので、クッション性が失われて亀裂の入ったシーリング材では、きちんと外壁を守る機能が果たされず、またすぐに工事をしなければいけなくなってしまう可能性もあります。

 

サイディング目地は「打ち替え」が基本

サイディング外壁の目地に行うシーリング工事は、お家を長持ちさせるためにも欠かせないものですが、打ち替え工法でシーリング工事を行うのが基本です。

シーリング工事で大切なのは厚みで、傷みによって弾力が失われているシーリング材は、クッション性や防水機能を果たすことができないため、新しいシーリング材の厚みが確保できなければ、打ち増しをしても意味がなくなってしまいます。

外壁に打ち込まれている古いシーリング材の傷みが少なく、まだ健康な状態の場合は打ち増しをすることもありますが、外壁塗装を行うということはある程度年数が経っているので、近い内に傷みが出てきてしまいます。


大阪府の戸建てサイディングのシール工事は株式会社 西野シーリングにお任せ下さい。


会社名:株式会社 西野シーリング

住所:〒583-0992 大阪府南河内郡太子町山田3699-5

TEL:0721-98-4407 
FAX:0721-21-7675

営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜日

業務内容:戸建て、組工事のシーリング

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう⑦

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう⑥

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう⑤

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう④

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう③

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう②

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう

外壁の定期的な住宅リフォームってどんな事をすればいいの?

確実な防水工事のために重要な作業

防水工事での注意点について

外壁塗装の耐用年数を長くする方法について

カビがもたらす影響について

Copyright © http://nishino-sealing.net All rights reserved.