株式会社西野シーリング

NEWS2020年05月15日

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう③

外装周りをよく見ると、マイホーム購入当時にはなかったヒビ割れや剥がれなどはありませんか?

内装には雨漏りが発生していたり、カビの匂いやクロスなどが剥がれてきていませんか?

今回も前回に引き続き、家のメンテナンスの必要性やどんなメンテナンスをすればいいのかを見ていき、あなたがどんな行動をとれば今の状態を解決できるか、必要な情報にしてもらえればと思います。

 

以前ご紹介致しましたような外壁の劣化などの症状が出ているのであれば、外装に対して何かしらの修理・補修などのメンテナンスが必要となります。

外装というのは、主に外壁と屋根の事を指しますが、ほとんどの場合、外装には塗料が塗られています。

どのメーカーの塗料であっても、塗料の耐久性(長持ちする期間)があり、一度塗ったからといって一生効果を保てるわけではありません。

早いものは4~5年で耐久性が無くなってしまったり、長いものだと耐久度が15~20年ほどの塗料がありますが、耐久性が長いものだと金額も高くなります。

新築時には一般的に6~8年くらいは耐久性が保てる塗料が塗られているのですが、新築というのはそれだけでお金がかかるものなので、中には新築費用を安くするために耐久性が低い塗料を使って建てられているお家もあります。

その場合は、一般的な住宅リフォーム時期である築10年より前の時期に外装の劣化が目立ってきてしまいます。

築10年が住宅リフォームの時期と言われるのは、外装に塗られた塗料の耐久性の効果が消えてしまう時期なので、改めて外装に対して塗料を塗る必要が出てきます。


大阪府の戸建てサイディングのシール工事は株式会社 西野シーリングにお任せ下さい。


会社名:株式会社 西野シーリング

住所:〒583-0992 大阪府南河内郡太子町山田3699-5

TEL:0721-98-4407 
FAX:0721-21-7675

営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜日

業務内容:戸建て、組工事のシーリング

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう④

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう②

家を守るためにメンテナンスの優先順位を知ろう

外壁の定期的な住宅リフォームってどんな事をすればいいの?

シーリングの工法!

確実な防水工事のために重要な作業

防水工事での注意点について

外壁塗装の耐用年数を長くする方法について

カビがもたらす影響について

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うメリットとは

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?②

防水対策にシーリングの打ち直しは必要?

Copyright © http://nishino-sealing.net All rights reserved.