株式会社西野シーリング

NEWS2021年12月17日

【外壁のシーリングの劣化って、素人が見ても分かるものなのか】


外壁塗装をするときにチェックしても、
なかなか普段外壁をまじまじと眺めることはないでしょう。
しかも、専門家でもないのなら、見ても分からないかもしれません。
素人でも劣化していることが分かる、そうしたポイントをチェックしましょう。

 

■劣化症状をチェック

外壁材の劣化が先に起こることももちろんありますが、
シーリングの劣化が見られる場合には、
補修しなければなりません。
一番、分かりやすいのは「やせ方」です。
シーリング材に含まれる可塑剤が溶ける症状であり、
ぷっくりした厚みがあったのに、薄くなってきます。
さらに隙間ができるのですが、ボリュームくらいならば、
素人が見ても判断がつく経年劣化です。

 

■剥離している

外壁材のボード(パネル)との間に隙間ができていないでしょうか。
隙間ができることで雨水が侵入し、建材の割れや反りが起こります。
剥離していることは素人でも分かりやすい状態です。

 

■ひび割れ

これは、表面に微細なヒビが入るのですが、経年劣化のみならず、
地震による揺れに耐えきれずにひび割れが起こるケースもあります。
劣化とは違いますが、もしも地震が発生したのなら、
一度シーリング材をチェックしてみましょう。
シーリング材はゴム製です。なので、紫外線による影響もあり、
ヒビ割れが発生してしまいます。
ヒビ割れを放置すると破断というように、切れてしまうこともあります。

 

シーリングの特性を理解するのは難しいため、見た目の判断になります。
しかし、気になるならば、
外壁塗装をしてもらった業者に定期的に点検に来てもらうのも一法です。
補修工事が必要になるのか、簡単に判断してくれます。

 


大阪府の戸建てサイディングのシール工事は株式会社 西野シーリングにお任せ下さい。


会社名:株式会社 西野シーリング

住所:〒583-0992 大阪府南河内郡太子町山田3699-5

TEL:0721-98-4407 / 090-3969-2264  
FAX:0721-21-7675

営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜日

業務内容:戸建て、組工事のシーリング

年始のご挨拶

年末のご挨拶

【外壁が劣化してしまわないためのシーリングの役割とは?】


外壁シーリングの耐用年数を過ぎたら


外壁シーリングの役割と耐用年数について


浴室シーリングで人気のシリコン材

建築現場に欠かせないシーリング作業、その目的と重要性について

シーリングとコーキング、似ているけどその違いとは?

シーリングとコーキングの補修工事


シーリングとコーキング

シーリング工事の基礎知識とシーリング材の種類

外壁シーリング補修の費用相場

Copyright © http://nishino-sealing.net All rights reserved.