株式会社西野シーリング

NEWS2022年08月19日

戸建て住宅必見!シーリング工事は7〜10年で計画しよう

シーリング工事が必要になるのは、外壁や屋根など、外構になります。

シーリング工事なんて必要ないと思うかもしれませんが、

耐用年数は約7〜10年、それによって建物の寿命に影響してきます。

そこで今回は、シーリング工事につながるシーリングについて解説したいと思います。

外壁塗装や屋根塗装を検討中の方にも役立てていただけると思います。

 

 

■シーリング工事とは

建物の外壁ボード間のつなぎ目や外壁とサッシの隙間など、

目地や隙間を埋めるパテのようなものを埋める工事です。

シーリング工事をすることによって、防水性・機密性を確保することができます。

 

 

■シーリング工事を行うメリット

シーリングの耐用年数は7〜10年程度です。

シーリング工事をせずに放置すると、最悪の場合、

建物の隙間から雨水が侵入したり、雨漏りをしたり、

地震で建物が揺れた時に隙間ができてしまい、隙間風が入ってきたりもします。

シーリング工事をすることで、建物を漏水から守ることができます。

湿気と金属、木材は相性が悪いので、建材の劣化を早めてしまいます。

それもシーリング工事なら防ぐことができます。

外壁・屋根ともに、常に紫外線、雨風にさらされています。

シーリング材も同じです。

建物の劣化をスピードダウンできるため、施工しておきましょう。

 

 

■シーリング工事の目安

シーリング工事をすべき目安は、耐用年数によって異なります。

ちなみに、5年程度経過するとひび割れ、肉やせなどの劣化がはじまると言われています。

また、耐用年数に関わらず、こうした症状が外壁に現れていれば、

工事の相談をしておきましょう。

定期的にもシーリング材の状態をチェックし、確認をしておくのがおすすめです。


大阪府の戸建てサイディングのシール工事は株式会社 西野シーリングにお任せ下さい。


会社名:株式会社 西野シーリング

住所:〒583-0992 大阪府南河内郡太子町山田3699-5

TEL:0721-98-4407 / 090-3969-2264  
FAX:0721-21-7675

営業時間:8:00~18:00 定休日:日曜日

業務内容:戸建て、組工事のシーリング

シーリング工事って?どんなことに注意した方がいいの?

為になる!外壁のシーリング補修方法について調べてみた

外壁の補修をする!シーリング材に違いについても知っておこう

シーリング補修をしたいなら、業者とDIYならどっちがおすすめ?

外壁のシーリングは放置してもいい?補修しなければならない理由とは

基本は同じ?職場によってシーリングとコーキングの違いがある?

【混同しがちなシーリングとコーキングの違いをそれぞれ解説!】

年始のご挨拶

年末のご挨拶

【外壁のシーリングの劣化って、素人が見ても分かるものなのか】


【外壁が劣化してしまわないためのシーリングの役割とは?】


外壁シーリングの耐用年数を過ぎたら


Copyright © https://nishino-sealing.net All rights reserved.